上質な靴は手入れしてあげると長く使えて、かつ、経年による味わいが深まってくるのも特徴です。手入れの際には、摩耗が激しいために交換が必要になりやすいのが靴底の部品。この靴底の修理に関して、ハーフソールについては知っておきたいことが多くあります。今回はこのハーフソールについて、メンテナンスの注意点やおすすめの方法をまとめました。

 

ハーフソールってなに?

靴底靴底のことをソールと呼びますが、これは地面に直に接するわけですから摩耗も激しい部分です。このソールが摩耗して修理が必要になってきた時、修理方法として挙げられるのがオールソールとハーフソールとなります。オールソールは文字通り、靴底全体を修復する方法。修理というよりも靴底を作り変えると言ったほうが良いかも知れません。コルクも入れ直し、ヒール部分も新しく作りますから、靴底の土台部分から修理することになります。

これに対してハーフソールは、靴底の前半分のパーツあるいは、そのパーツを修理する方法を指す呼び方です。オールソールに比べるとリーズナブルで作業時間も短めとなる点が長所となります。また靴自体への負担が少ないのも魅力です。

ハーフソールは靴底の中でも磨り減りやすい部分となります。これが磨り減ってしまうと、もちろん滑りやすくなって危険ですし、クッション性も失われて使い心地も悪化しかねません。ハーフソールの交換は、こまめに修理して滑りにくさや、新品に近い使用感を維持したい場合には、適した方法と言えます。

 

ラバーかレザーかで悩んだら

靴修理におけるハーフソールの交換では、ラバーかレザーかを選択することができますが、これが一長一短で悩みどころです。どちらが良いのかは一概には言えませんので、修理の前に両者の特色を調べておくことが大切でしょう。

まず、レザー製のハーフソールは通気性に優れますが、水に弱く摩耗しやすいのが難点です。レザーの使用感を好む方などでは選ぶケースがあるかも知れませんが、多くのケースでは後述のハーフラバーが使用されます。

ハーフラバーは靴底をゴム製にすることで、グリップ力を高める他に防水性も向上できるのが魅力です。水分は靴にとっては大敵ですので、靴底を防水にすることは寿命にとっても好影響があります。このような長所があるので新品の状態でも、ラバーソールを施す方も少なくはありません。

このように書くと、ラバーソールのほうが圧倒的に有利に見えますが、靴はインソールなどを総合的に考えて、正しい修理方法を選んでいくことが重要です。レザーとラバーのどちらにするかは、腕の良い職人やスタッフに相談して、決めていくのが好ましいでしょう。

ハーフソールの修理の流れ

靴を分解せずに修理を行えるハーフソールの交換では、手順もあまり複雑ではありません。基本的にはグラインダーなどで、靴底の交換したい部分を削り取って、そこに新しいソールを貼っていきます。革靴の底は糸を使って縫うようにして接合されていますが、ハーフソールは接着剤で圧着するのが一般的。このために、糸を通す穴から水分が染み込んでくるのを防ぐことが可能です。

ハーフソールは靴底に貼ってから、余分な部分を削り落として形を整えていきます。綺麗に形を整えて、靴に合わせて着色も施していきますが、最終的に違和感なく仕上げるられるのは、プロの技と言うべきでしょう。熟練の技によって仕上げることで、ハーフラバーも剥がれにくくなります。

以上が基本的な流れになりますが、靴の傷み具合によっては、他にも作業が入る場合がしばしばあるようです。つま先の補強が必要になったり、ソールの穴を塞ぐ工程が必要になることがあります。これらのことを考えると、早めの段階で修理を考えた方が、追加作業が不要な分、好ましいと言えるでしょう。

ハーフソールの交換はいつ行うべきか?

ハーフソールを考えるタイミングとしては、靴を購入してからすぐの段階も悪くはありません。買ってすぐにハーフラバーを貼るのは、リペアショップの方でも勧めているケースが多いですから、靴を長持ちさせたい場合には要検討でしょう

ダメージが重なってくるとハーフソールの交換では、間に合わなくなってしまうケースも考えられるので要注意です。大掛かりな補修が必要になる前の見極めが大切と言えます。

具体的にはどれくらいで交換するのが好ましいのかと言うと、これは靴底の状態から判断していくのがセオリーです。靴底をよく見ると、一枚の革ではなく、いくつかの層をなして積み重ねるようにして作られているのが観察できるでしょう。交換の目安としては、靴底の下側から数えて1層目が摩耗していて、もうすぐ2層目に達しそうな場合は、修理のタイミングと言えます。2層目に達しているような場合だと、追加料金が必要になったりしますし、靴にとっても良くありません。ラバーを貼ってある場合には、穴が空いて貫通する前に、交換を考えたほうが良いでしょう。

ハーフソールと一緒に行いたい修理

ハーフソールの交換では靴底の前半分だけを修理することになりますので、靴のコンディションによっては他の部分もメンテナンスをしておくことは欠かせません。そろそろソールが修理時期の場合には、他の箇所のダメージも心配と言うわけです。

靴底の磨り減りやすい部分は、かかと側のヒール部分も挙げることができます。かかとと前半分を併せて修理すると、オールソールの修理のように感じられるかも知れませんが、そうではありません。土台部分を作り直さずに、かかとに加えて前半分の磨り減りやすい部分だけを手入れすることになります。もちろん、費用的にも抑えられますから、他の部分のメンテナンスに予算をまわしやすでしょう。

靴底の手入れが必要な段階では、アッパー部分もダメージが重なって来ているはずです。このためにアッパーにも磨きをかけてもらったり、ワックスを施してもらうのが望ましいです。アッパーも定期的にメンテナンスしておくことで長持ちしますから、ハーフソールを考える際には、この部分もセットで依頼するようにすると良いでしょう。

ハーフソール交換と靴修理について

ハーフソールは靴修理ではオーソドックスな修理方法で、メリットも多く、多くの方に利用されています。靴底が駄目になるまで履いてから修理を考えるよりも、費用も時間も軽減できるので、早めにこのハーフソール交換を考えるのが大切。予算が掛からない分、他の部分の定期メンテナンスにも手が回しやすいので、靴好きの方にはおすすめです。