10万円の靴と靴修理

10万円の靴は高いと思いますか?革靴を普段はくことの少ない人にとっては非常に高い買い物のように感じますが、革靴限定では実は高い買い物ではありません。ただしこれは革商品として10万円の価値があるもので、流行物やデザインで価格が高い物ではありません。

靴修理革商品として価値のある革靴、それは革の質そのものが高い商です。革であるのに伸縮性があり、足の形状に馴染んでいきます。上質の革を使っているため、通常の革よりも柔らかく軽いのです。また手製であることが多く、パーツ別に作られていることもその特徴となっています。それでも10万円は高いと思えますが、長い目でみると案外そうではないのです。革靴で1万円の靴を買われる人は多いと思いますが、履き心地は10万円の靴とは比べものになりません。中には軽い素材を使っている靴もあるのですが、特にウレタン素材は劣化しやすいのです。

先に示したように10万クラスはパーツに分かれることが多く、靴修理ができる箇所が多いのです。つまり1万円の靴を1年に1足買い替えるか、それとも10万円の靴を10年履くか。そう考えると10万円の靴はそう高くないと思えるのです。ただし10万円の靴といえど、10年履き続けるには条件があります。それは手入れです。なんの手入れも行わなくては、たとえ上質の革であっても損傷が激しく、10年は持ちません。また手入れを行っても、すり減ったしまった場所は手入れを行うことはできません。その場合は靴修理ということになります。