靴修理というもの

ゴムの種類なぜ10万円クラスの靴の話をしたかというと、それは修理にかかる費用です。かかとのゴム交換はゴムの種類によって価格が変わってきます。機械を使って簡単に交換というわけにはいかず、職人が手作業で行います。そのため3000~5000円はかかります。毎年変える靴や1万円に満たない靴にそのような金額をかけて履き続けるでしょうか?

相当な思い入れがない限り、そうはならないでしょう。また流行物でしたらたとえ価格が高くても、履き続けようとは思わないでしょう。革質が良い靴は、クリームや靴墨などで手入れを行えば10年、いえそれ以上履き続けることが可能です。それを考えれば数年に一度のかかとの修理などは安いものなのです。

また修理に関することすべてに共通するのですが、修復はなるべく早めに行うことです。靴の場合はかかと部分はヒール+ゴムで形成されています。そのためゴムが擦り切れると次はヒールがすり減ることになり、そこまでいくとヒールを削って調整しなくてはいけません。つまり靴の高さが変わってしまうのです。これはヒールだけではありません。革底も同様です。穴が空いてしまっては、内装まで傷つけることになりかねませんので、早め早めの修理が結果として安く、そして長く使用することができるのです。